沖縄大会事務局

 

     第19回 日本ホスピス・在宅ケア研究会 全国大会 in 沖縄

            〜 命どぅ宝を支えるてぃーあんだ 〜

 

盛況のうちに終了いたしました。

ご参加いただきました皆様方、そして関係者の方々のお力添えに感謝申し上げます。

誠にありがとうございました。

 

 

● 命どぅ宝を支えるてぃーあんだ ●

”ぬちどぅたからをささえるてぃーあんだ”とは

命(ぬち)は宝物であり、最も尊いもの

てぃーあんだ  沖縄方言で、「てぃ」は手のこと、「あんだ」脂のこと、 てぃーあんだは料理の際、手抜きせず心を込めて作ることを表現しています。

大会ロゴについて

抱擁する (親愛の情をもって、だきかかえること。だきしめて愛撫することときの

腕の表情をイメージしデザイン化しました。

このイメージは、手が互いに重なりあっていくように図案化しており、ケアする方

からされる方への一方向ではなく、される方からする方への、お互いに対する

温かい気持ち、やさしさ 」が溶け合っていく様をイメージしています。
さらにポイントとして、「気持ち」をイメージさせるハートを配置しました。
バックに配置された太陽は「沖縄の大きな空」を表現し、広がる「癒し空間」を表します